ブログトップ

ねこと暮らす

ねこたちと日々のできごと、おいしい楽しいことなど


by hitomiffy
プロフィールを見る

伊香保ドライブ vol.1

14時に神保町を出発。
都内は一般道も高速も空いていて、あっという間に関越自動車道へ。
天気もよいし、気持ちいい。

コンビニの駐車場で会ったねこ。
d0038301_1815614.jpg




車はスイスイスイと進み、16時半には伊香保に着いた。
スタンドで道順を聞き、言われた通りに進むと左手に石段が見えた。
先日、テレビで伊香保が紹介されていた。
石段を1年365日にかけて365段に増やすのだそうだ。
そうすると自分の誕生日の段ができるので楽しんで欲しいと
テレビのその人は言っていたっけ。
楽しみだな♪

車を止めて石段を登る。
昼から何も食べていなかったので腹ぺこ、そして
今日の宿も探さなくてはならない。
浴衣を着ている人が足湯に浸かったり、お土産を選んでいるのを見ると
温泉地に来たんだなーと実感する。
d0038301_18154154.jpg


どこからか茶色くて垂れ耳の犬が出てきて一緒に石段を登る。
複雑な柄のねこも飛び出してきた。
ねこや犬ものんびり暮らせる街は
もうそれだけでイイ所だなと思えてしまう。

女の人に囲まれて、シアワセ〜
d0038301_1816228.jpg

おっ、ねこ
d0038301_18154729.jpg

あら撮んの
d0038301_18154958.jpg

さよならぁ
d0038301_181555100.jpg


伊香保神社でお参りをして、石段を下りる。
腹ぺこで足がふらふらし、登りより下りがキツい。
観光案内所を探して路地に入るとおじさんが立っていて、話しかけられた。

おじさん「この先は行き止まりだよ」

私たち 「宿を探しているんですけど」

おじさん「うち、素泊まりなら空いてるよ」

私たち 「いくらですか?」

聞くとお値段も手頃。
それじゃあと言うことでおじさんの宿に泊まることにした。

駐車場は離れた所にあるというので教えてもらった場所に行き車を停めた。
すると最初とは違うおじさんが軽自動車で迎えにきてくれた。
小さな車に乗り込むと、停まったら二度と発進できない…
と思うような急坂をぐいぐい登り
自転車しか通れないような細い横道にぐいっと入り
すごーく狭いところを通り抜けて
見事に先ほどの路地にある宿の玄関前に横付けしてくれた。
私たちは「すごーい!!」と拍手喝采。めちゃ楽しい♪
写真ではちょっとわかりづらいけれど、狭い狭い路地なのだ。

鄙びた感じのよい佇まい。
d0038301_18153258.jpg


部屋に入り荷物を置いて再び石段街へ。
夜は地元の居酒屋かなんかがいいねぇ~と話しながら歩くけれど
どの店もやっていない。
今日の夕飯はどうなるのだろうとちょっと焦ってきた。
ここよさそうと目を付けた店の奥に明かりが見えたので
すみませーんと訪のうて開店時間を聞くと20時だという。
この辺はみんなそうなのよーとおばさんが丁寧に教えてくれた。
あー良かった。後で来ます!と言い残して
それまで近くのラーメン屋さんで一杯やることにした。


先に並んでたねこ
d0038301_18162768.jpg

しかたない
d0038301_18161112.jpg

このへんで待つか
d0038301_18161828.jpg



さて、ちょっとドキドキしながらラーメン屋さんの暖簾をくぐると
お客は私たちのみ。なぜかホッとする。
生ビールと羽つき餃子、ピータン豆腐とにんにく豆腐を注文。
歩いた後のビールっておいしい・・・!
お通しの枝豆(茶豆)も、頼んだ料理もどれもとっても美味しくて
感動しながらぱくぱくいただいているうちに
ポツポツとお客さんが入ってきた。

うーん、どれも美味しそう
d0038301_18163158.jpg

ひとまずこれだけ。
ピータン豆腐はピータンがいっぱいのってて美味しい!
d0038301_18163582.jpg

羽根つき餃子は小振りだけど羽がパリパリで美味しい!
d0038301_18164299.jpg

追加の温かいニンニク豆腐がニンニクが利いててまたまた美味しい!
d0038301_18164617.jpg



カウンターにいた二人のお客さんから
どこから来たの?宿はどこ?と聞かれたので答えると
なんと一人の方はその宿の息子さんで
もう一人の方も伊香保で大きなホテルを経営している方だった。
明日の予定なんて決めていない無計画な私たちに
見て、行って、食べて良さそうなところをいろいろ教えて下さった。
明日が楽しみだね~と話しながら宿に戻りお風呂に入る。
この宿は、建物自体は古いけれどどこも本当に清潔で
お湯も熱すぎずぬるすぎず、とっても良かった。
窓からの景色は隣の旅館の前に樹木がいい具合に茂っていて
友人曰く
「文豪が泊まりそうな宿だねぇ」とのこと。

20時、さっぱりした気持ちで最初に立ち寄った店へ。すると・・・
先ほどラーメン屋さんで出会った親切なお二人がいるではないか。
ちょうど隣の席も空いていたのでずうずうしくもご一緒させていただく。
山菜や蒟蒻、旬の素材を使った料理はどれもとても美味しい♪
今となっては後の祭りだけど、写真を撮っておくんだったな。
焼き魚もお餅もお漬け物も滋味あふれており
いただいた日本酒とピッタリだった。
「赤城山」の前に飲んだお酒の銘柄を失念してしまったけれど
なんていったかな。
あの味、好きだな。もう一度飲みたいな。
最後にお蕎麦。これがまた美味しかった…!
思いがけない出会いのお陰でとっても楽しく、
お酒もお料理も美味しくいただいて過ごすことができた。
さらにごちそうにまでなってしまって…。
心も身体もほっこりと暖まった帰り道、
射的屋さんで光るボンボン?とラムネをいただき
名残惜しかったけれど、お二人と別れた。
気持ちよくなった私たちは、もう一杯やっていこー!とBarに立寄り
楽しく飲んでしあわせ~な気分でこの日は宿に戻ったのだった。

明日のキーワードは

ソバゼリー
鷲ノ巣風穴
榛名神社
びくや

あー楽しみ♪

つづく
[PR]
Commented at 2011-07-08 17:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by hitomiffy1531 | 2011-05-28 18:54 | | Comments(1)