紅梅も

咲きましたー

d0038301_1334139.jpg






千葉市美術館で開催中の「Kimono Beauty展」へ
d0038301_1339129.jpg


d0038301_13391685.jpg


唯一写真撮影が許されていた、着付けられたきもの数点
d0038301_13355214.jpg


こんな色柄の組み合わせでもOKなのがきもののすごいところ
d0038301_1336316.jpg



ほど近い千葉市郷土博物館へ。
d0038301_13361149.jpg


高速道路から見たスカイツリー
d0038301_13362213.jpg



1月15日で退職したので平日もやることが無い。
もちろんすでに仕事は探しているけれど、ほんの少しだけのんびりしよう。
で、千葉市美術館でやっているきものの展覧会を見つけ車で行ってみることにした。

立体駐車場の一番上に止めてあった車には雪がてんこもりで残っており
雪かきに25分も費やした。
さらに都内は思いのほか込んでて、行きは2時間半もかかってしまった。
でも展覧会自体は見応えがあった。
江戸、明治、大正と、時代ごとに展示されているきものたち。
打ち掛け、振り袖、小袖・・・
時代ごとに流行もあるようだ。
私が好きだったのは江戸時代。前期も後期も模様がとっても美しい。
色も模様もかわいらしさと上品さが備わってて、日本刺繍が施されているものが
主流のようだった。
明治になるとガラッと変わって地味な印象を受ける。
大体が鼠の地色に、褄部分に目立たないように柄とか刺繍とか。

1月20日に大幅な展示替えが行われるとのことなので、後半も行くつもりだ。

平日だからか館内はそれほど混んではいなかったが
割引がきくこともあってか、きものを着たおばさま方が大挙していた。
きっと着付け教室の皆さんと来たのかな。
でもきものはさらっと見て、
おしゃべりしながら食堂へ行ってしまった。

美術館に満足して、ほど近い千葉市郷土博物館に立ち寄ってみた。
以前来たことのあるところかと思っていたが、違うらしい。
入館料60円。
え?そんなに安くていいのか?とちょっと不安になる。
館内は、多分3階か4階まであるのだろう。
2階は特別展の「漆」の展示。ここはちょっと見た。
3階ではボランティアの方による展示解説が行われていて
通路も狭く、1人で行った私はなんだか居辛くて、見辛くて
10分ほどで出てきてしまった。汗

帰りは穴川から高速に乗り、東関動を経て1時間半で帰着。
あぁ後半の展示が楽しみだな。
[PR]
by hitomiffy1531 | 2013-01-19 14:07 | 花と緑 | Comments(0)

ねこたちとの暮らしと美味しいものなど、日々のできごとを綴ります。


by hitomiffy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31