ブログトップ

ねこと暮らす

ねこたちと日々のできごと、おいしい楽しいことなど


by hitomiffy
プロフィールを見る

秩父旅行〜1日目〜

毎年恒例の一泊旅行、今年は秩父に行ってきた。
事前に色々調べて、なにか日帰り体験がしたいという友人と
秩父銘仙館で着物が見たいという私の希望にそって

1日目:ムクゲ自然公園
    日帰り体験グラスアート、押し花、藍染め、リースつくり、
    切り花など開館日毎日体可  
2日目:秩父銘仙館
    秩父銘仙について勉強でき、藍染めや織物の体験あり

という予定になった。

西武秩父駅から少し歩いたところにある秩父鉄道のお花畑駅から
電車に乗り、皆野という駅で下車。
歩いて20分ほどの所にムクゲ自然公園はあるらしい。

ムクゲ自然公園 ※以下HPより引用
一年中花咲く、自然公園。家族連れで、一日楽しく遊べる、楽しい遊び心がいっぱい。
10万本ものムクゲの木は、夏には色とりどりの花をつけ、2月開花の「秩父紅」は幻の福寿草といわれ、雪の合間をかき分けてひょっこり顔出す紅赤花が1万本咲きます。
また、様々な日帰り体験が出来ます。

なんかとっても楽しそう♪色とりどりの花と緑が溢れていて
賑やかに楽しく日帰り体験ができるにちがいない!

が、皆野駅で下車した観光客らしき人は私たちのみ。
特に案内看板もなく、こっちでいいのかね?などと勘に頼って
田舎道をてくてく。本当にこんな所にあるのか、と思いつつ歩き続けると
入口が見えてきた。なんだかさびれた感じがする。もう閉園してたりして。
無言でさらに坂道を上っていくと母屋があり、駐車場には車が一台。

多分この日、訪れたのは私たち二人だけ。とってもひっそりとしていた。

なぜならばムクゲを含め大方の花が終わった後で緑のみ。
押し花や藍染めも人数がまとまらないとできないとのこと。がーん。
だから入園料の500円は取られなかった。
上の方に湧き水があるというのでそこまでハァハァ言いながら歩き、水を飲み、
花の終わったムクゲを眺めて帰ってきた。
今回は花は見れなかったけど、園内はかなり広く緑が豊富で
お弁当を持ってハイキングに来るにはもってこいの場所なんだと思う。多分。

再び駅まで歩き、鰻屋さんで鰻を食べて秩父に戻った。
鰻は、とっても美味しかった。
おばさんが、明日の日曜日に龍勢祭り(手作りのロケットを打ち上げる珍しいお祭り)があるから是非見て行きなさいと言ってくれた。
明日も皆野に来るつもりはなかったけれどお礼を言って店を出た。


期待はずれの寂しい入口に不安がよぎる。d0038301_16192041.jpg

湧き水。最初ちょろちょろがいきなりどばっと出てきて吃驚d0038301_16193774.jpg

ポツポツと残るムクゲd0038301_16195463.jpg

母屋付近にいた夫婦カマキリ。ちょこんと上に乗っかったオスは、この後大きなメスのご飯になるのだな。d0038301_16184011.jpg

帰り道、民家でひとり寝ころぶにゃんこd0038301_16201992.jpg

皆野の駅でSLに遭遇d0038301_1620369.jpg


このあと羊山公園をぶらぶらして宿へ。
食事の時と、お風呂上がりにワインを一本ずつ開けた。
翌日のちちぶ銘仙館に期待を掛けて、1日目は終了した。
[PR]
by hitomiffy1531 | 2007-10-22 16:44 | できごと | Comments(0)