好きなもの、はしご

週末、家の近くのミニシアターで
「インディジョーンズ〜クリスタルスカルの伝説」を観た。
最終日のレイトショーで外が土砂降りだったこともあってかガラガラ。
最後列は私一人。靴を脱いで足を伸ばして観てしまった。
ハリソンは、歳は取ってもやっぱりカッコいいなぁ!
激しいアクションにはちっとも歳を感じさせないものの
続編にも意欲満々と聞くと体が心配になってしまう。
もう十分です…。

友達のハイジは若い頃からハリソン・フォードのファンで
何十年も前、彼が来日した際に一人で成田空港まで見に行ったそうな。
ファンレターを出したら随分経ってからだけど返事が来たそうで
見せてもらったことがある。今回の最新作で来日した際も
ハイジの友人がプレミア試写会のチケットがあると誘ってくれて、
舞台挨拶に立ったハリソンを見て来たとのこと。
人ごとながら良かったねぇと思った。

翌日は足利へ。
ひと月ほど前に見た「イリヤ・カバコフ世界絵本展」を見るのと
たまにしか乗らない車のバッテリが上がらないようにするためのドライブも兼ねて。
8月の下旬に展示替えをしており、前回とは違った作品を見ることができた。
前半よりは作品数は少なかったようだけど、それでも見応えがある。
画風、色使い、細かさなどすべてが私の好み。
もうひとつ好きなのは、多くの作品のどこかしらに猫が描かれていること。
街の中の通りを歩いていたり、屋根の上だったり、窓辺だったり。
猫と暮らしている私にはたまらない。
なんだかもう見られないのが惜しくて、悩んだあげく
分厚い展示目録を買ってしまった。

足利市立美術館の後は栗田美術館へ行き、伊万里焼きと有田焼を堪能。
焼き物のことなどわからないけど、どちらも好きなので楽しかった。
ただここはこんもりとした森全体が美術館で、展示棟はあちこちに点在しており
歩き出したとたん太陽が照りつけてきてへとへとになった。
あまり人が来ないところなのか、貸し切り状態の展示棟もあった。

そして。ずっと見たかった「闇の子どもたち」を観て来た。
原作を読んで、これはこの通りに映像にはできないだろうとは思っていたけど
なるほど、あっさりとした仕上がりだった。
ストーリーは、原作を読んでいないとちょっとわかりづらいかな。
最後の結末がああいう風になろうとは…。
あの人ももしかして?ってことか。誰か知ってたら教えてほしい。

8月もあっという間に去り、今日から9月。
盛夏のきものは1回しか着ていない。まだ着られるチャンスあるかな。
近頃土砂降りが多いから、なかなか気軽に着られないんだよ。←言い訳



散歩で出会ったねこ達
d0038301_17365484.jpg


d0038301_17373715.jpg


d0038301_17375884.jpg


[PR]
Commented by cat9lives at 2008-09-02 09:33
こんにちは~(^o^)丿
好きなものの「はしご」いいですね~!!
この夏の関東はゲリラ豪雨とやらが多いようですね・・・
地震も怖いけど水害も怖いです(゜_゜>)
お互い、日々の暮らしの中にも緊張感を忘れずに過ごし
ましょうね(^^)
↓の記事のみんちゃんの寝押しに爆笑しました^m^
にこんには出来ないわ・・・
Commented by hitomiffy1531 at 2008-09-02 20:58
◎cat9lives様
ひと雨降ると涼しくなって良いはずですが
晴雨が激しすぎて、怖いです!
寝押しはみゅうの得意とするところで
洗って干してたたんだ物の上にすぐ乗ってくれます。
たいていは迷惑ですが…笑。
にこんさんは小さくて軽〜いから、重しになりませんね♪ふふ
Commented by Betty at 2008-09-03 00:42 x
日記のデザインが変わって新鮮な雰囲気♪
先週は、映画、絵画展ともに充実されていたのですね。
「イリヤ・カバコフ世界絵本展」よさげ!猫がいるのもポイント高し!(笑)

「闇の子供たち」は私も興味があります。原作読んでみようかな。
Commented by hitomiffy1531 at 2008-09-03 23:40
◎Betty様   
ホントはスキンを自分の好きなようにしたいのですがやり方がわからない!!!
もし、もし良ければ今度教えてください。汗

それから「闇の子どもたち」原作本。
私、最初に読み始めて一度休み、しばらくして再び読み始めました。
あまりに衝撃的で胸が痛んで読み進められなかった…。
もしよければお貸しします。
イリヤ・カバコフの展示目録も今度お持ちします。
by hitomiffy1531 | 2008-09-01 17:51 | できごと | Comments(4)

ねこたちとの暮らしと美味しいものなど、日々のできごとを綴ります。


by hitomiffy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31