<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

犬とも暮らしてた

d0038301_11171936.jpg

私の実家で飼っていた犬、ぽん。昨年の3月に死んだ。
13年ほど前に私の実家の近くに茨城県自然博物館という新設の博物館が建つことになり、そこの現場に通っているときに拾ってきた子である。保健所に連れて行かれる寸前に餌で釣って車に乗せ連れてきたのだ。真っ白でオスとメスの兄妹だったがメスのちびは三年前の5月に死んでしまった。2匹ともフィラリアだった。毎年時期が来ると薬は飲ませていたものの、捨てられてしばらくは野良生活だったろうから拾ってきたときにはもうかかっていたのかも知れない。

私がまだ実家に住んでいる頃は仕事でどんなに夜遅くに帰っても毎日必ず散歩に連れて行った。今考えると夜の関宿は本当に真っ暗で物騒だったけど、そんなことは気にしてなかった。ぽんは大型でちびは中型。大きくなった2匹を一度に散歩に連れて行って土手で転び、腹を擦りむいたことや、夏の暑い日、ぽんを苦労してようやっと真っ白ふかふかに洗い上げたと思った途端に土の上で寝ころんで真っ黒にしてしまったこともある。ここには書ききれないけれどおもしろおかしいことがたくさんたくさんあった。

兄が結婚してお嫁さんが同居することになったので、私は実家を出て再び一人暮らしを始めた。それからたまにしか帰らなくなったけど、いつも帰ると2匹でワンワンうるさく鳴いて出迎えてくれた。ちびが死んだその日、ぽんがウォーンと悲しげに一声鳴いてたよ、胸が痛くなったと母が後から言っていた。

その後、私が結婚することになり、今の夫を連れて初めて私の実家に行った日のこと。私が家の中にいるとぽんがワンワン鳴いて遊んでくれと催促する。もう出ていくまで何時間でもずっと鳴き続けるのだ!ちょっと席を外しサンダルを履いてぽんのところに行き、撫でながらあの人と結婚するからねと言うと、ぽんの目から一粒涙がこぼれた。犬が泣くなんて?!とびっくりして、ぽん泣いてるの?と聞いた私もじーんとして泣けてしまった。

それから夫と実家に行くたび、夫にもぽんと仲良くなって欲しくて撫でてみ?と促した。私の中にそういう意識は無いけどぽんはかなりデカイので、ちょっと恐かったらしい。ぽんは怒りはしないものの緊張して、撫でさせてやってるという感じだった。それでも何回か行くうちにほんの少しだけど心も許したようで、ちょっぴり尻尾を振ったりしてくれた。

ぽんの具合がかなり悪くなってから母に連絡をもらい実家に行くと、正月に会ったときはすごく元気だったのにびっくりするくらい年老いて見えた。お腹に水が溜まって膨れ重たくて歩けない。でもずっと外で暮らしていた犬だから家の中に入るのは嫌がった。外で日向ぼっこをし、おしっこをしたがった。もう後1日か2日の命だと思ったけど辛そうなら楽にしてあげた方がいいのかなと思い、かかりつけの動物病院の先生に相談すると、家族で見取ってあげなさいと言われた。その日は1日ぽんと過ごしたのだけど、朝私が着いたときは老いぼれて死にそうな顔だったのがだんだんと元気になり、目もくりくりして大分持ち直したように見えた。あんたが来たから嬉しいんだよ、離れて暮らしていても一番好きなのはあんたなのよと母に言われた。夕方、翌日もまた来るからねと言って、私は家に戻った。翌朝家を出ようとしていたら母から電話があり、昨日の夜ぽんが死んだよと聞かされた。ちょうど父が様子を見に行ったら一声鳴いて静かになったそうだ。
実家に帰ると、きれいな布がかけてありお線香がたかれていた。そのまま布で包み段ボール箱に入れた。大きいのと腹水が溜まっていたこともあり33キロもの重さだった。その翌日仕事があった私に代わって父と母が火葬場に連れて行ってくれた。

今年の正月は実家に帰らなかった。先日、ぽんがいなくなってから初めて帰った。いつもはワンワンワンとうるさく出迎えてくれるのに、静か。
それでも命が尽きるのは仕方ないし、だから生きてる間は精一杯かわいがろうと思う。みゅうも後何年生きるかわからないけど、どちらかが先に行くまで精一杯のことをしてあげたい。それは夫に対しても、家族や友人に対しても同じ。

ねこと暮らすも今日で2年目に突入。
これからもみゅうのうんと幸せな様子を報告していきます。ヨロシクお願い致します。
[PR]
by hitomiffy1531 | 2006-04-30 12:23 | できごと | Comments(12)

まったり♪

d0038301_2122756.jpg


遊びつかれてまったりしているみゅう。
ま、ホントにくたびれているのは私ですが。

昨年の8月から続けていた派遣の仕事が水曜日で終わりになった。
通っていた事務所兼工場が宇都宮に移転になったのだ。この時期の
移転は最初からわかっていたことなのだけど、ずっと楽しく仕事をして
きたので残念。同じような仕事に就ける事はまずないだろうな~
間が開くとだらけそうだしお小遣いもなくなるのではやく次を見つけたい。

最近のみゅうはちょっといらいらしていた。
遊び方がいつもより激しいし、おしっこをする時トイレの外に出して
しまうのにはビックリした(わざと、というのでもないようで、本人は中に
してるつもりらしい)。もしかしたら最近忙しくしていた私が部屋を散らか
していたせいか?と思い、今日は一日かけて掃除洗濯を済ませ、部屋
も片付けた。
みゅうのトイレも念入りにきれいに洗った。そしたら落ち着いたみたい。
清潔であるよう気をつけてはいるのだけど、なんか気に入らなかったの
かも。
ごめん、みゅう♪あ、夫もね。

最後に。
このブログ始めて丸一年。偶然にも記事もちょうど100件になりました♪
[PR]
by hitomiffy1531 | 2006-04-28 21:22 | にゃんこ | Comments(2)

なんか気になる?


d0038301_15291533.jpgみゅうのことが気になる関口さん。


d0038301_15292614.jpg気になるのはおもちゃか、バターサンドの匂いか。誰かに似てすごく食いしん坊だな。


2ヶ月ほど前から着物の着付け教室に通っている。
よくある無料のレッスンで毎週1回の全16回。下着の付け方、補正の仕方、長襦袢や着物の着方、名古屋帯と袋帯の結び方が四ヶ月で習得できるプログラムになっている。その他に問屋さんに出向いて帯や着物のできる工程、よい生地悪い生地の見分け方などを学ぶセミナーもある。無料とは言え結局着物を買わされるのではないかと思っていたけどそんなこともない。ただ元々着物が好きだったり興味のある人、欲しい人がほとんどなのでそういう人には仕入れ値で分けてくれるシステムにはなっている。普段の買物で呉服屋さんの前を通ってもなかなか敷居が高く気軽に見ることはできないし、それこそ買わなきゃ出てこられないので、へんな心配なく勉強できて欲しけりゃ買えるセミナーは結構楽しい。

大人になるに連れて、着物姿で街を歩いている人を見て、いいな〜と思っていた。でも実際に自分で着るのは想像以上に大変だった。そりゃ成人式や結婚式で振り袖は着たことがあっても着付師さんに着せてもらっていたし、帯がきついな〜くらいにしか感じていなかったのだから。それでも2ヶ月やってきて、下着や補正の付け方もようやく覚えらた。最初の名古屋帯なんて家で予習復習を繰り返してやっとこさ結べるようになったのだ。そして少し着られるようになってくると益々着物が好きになって、お稽古も楽しくて仕方ない♪私は自分の着物は持っていないので、母に借りてお稽古している。私より小さくて太っている母の着物は大分サイズが合わないけれど、まぁ着られない事もない。そのうちに私も1つくらいは仕立てるつもりではいる。
そして普段ちょっと出掛けるときでもささっと着物で出られたらいいなぁ♪
そんな日を夢見て、明日から留め袖で二重太鼓のお稽古だ!
[PR]
by hitomiffy1531 | 2006-04-23 16:12 | にゃんこ | Comments(2)

10年振りに・・・


d0038301_21193959.jpg江ノ島に行った。しばらく来ないうちに随分いろんな建物ができていて、お土産屋さんもきれいになったりして変わっていた。これは江ノ島から本州を見たところ。あんまり意味の無い写真ではある。


d0038301_21213110.jpg更にこんなものまで!「えのスパ」なるものができていた。ここでお試しエステを体験し、お風呂に入った。まだ新しいのか中もきれい。海側に温水プールがあり水着着用で入ることができる。


d0038301_21231560.jpg満腹になりごろごろするみゅう。お腹のセルライトをもみ出してもらったほうがよいかも。



旦那様の実家でバイク屋さんをやっている友人が、売り上げ達成のご褒美でメーカーから招待を受けたバスツアーに誘ってくれた。午前9時、上野駅に集合。新宿経由でまず横浜中華街で飲茶食べ放題の後、江ノ島へ。ここでは観光やら水族館やらいくつかのコースがあった中から友人の希望で体験トリートメントエステを選択。背中から足までの背面のオイルマッサージを受けた。体験なので30分と短かったが気持ちよかった〜♪ちゃんと確かめなかったけれど、お風呂は温泉かも?と思うくらい体がよ〜く温まった。17時に江ノ島を出て、帰りもまた新宿経由で19時半に上野到着。バスに乗っている時間が長かったのでおしりが痛くなったけど、久しぶりに会えた友人と思う存分おしゃべりをして楽しい一日だった。

一見楽チンに見える主婦(=ワタクシ)。しかし、日々の手抜き家事や週3日の仕事、にゃんこの世話と遊び相手などをこなす毎日は、結構くたびれるのだ。
[PR]
by hitomiffy1531 | 2006-04-19 21:42 | できごと | Comments(6)

増えました


結婚したときに実家から持ってきたオモト。
昨年、大きくなったので一度株分けし、友人にあげた。その後ぐんぐん育ち、またまた鉢が小さくなってきたので再び株分けをした。でも根本からはすでに力強い芽が・・・!d0038301_9371065.jpg


再び唐辛子の苗を購入。激辛とあったのでできあがりが楽しみ♪下にある小さな鉢は虎の尾。d0038301_9353417.jpg


去年夏のほおずき。下から新しい芽がどんどん出てきたので高く伸びていた茎は取り払った。夏が楽しみ♪d0038301_9391797.jpg


夫がチョイスした山野草の寄せ植え。もちろん植え付けたのは私。なんでも、花が楽しめるのが好きなんだって。d0038301_9394056.jpg


今朝のみんちゃん。最近暖かくなってきたのであまりふとんの中に潜り込んでこなくなった。そのかわり抱卵中の鳥のように、枕の上で私のあたまを温めている。d0038301_9432218.jpg



さて。
私は自分でスキンを編集する知識がないのでExciteのオリジナルスキンを使用している。で、我が家には夫のWindowsと私のMacがあり、そのどちらでもこのブログを更新したりするのだけど、同じスキンでもWINとMacでは見え方が違うのだ。
前回新しくしたスキンはWINで見るときちんと文字も余白もレイアウトされているのに
Macではなんか偏ったりしていていまいち。だからもとに戻してしまった。
[PR]
by hitomiffy1531 | 2006-04-15 09:53 | できごと | Comments(4)

源平桜

源平桜・・・だったと思う。違いました。正しくは源平枝垂れ

同じ木に紅、白、そして紅白混じった3色の花をつける珍しいもので
源氏の赤と平家の白からそう命名したと説明書きにあった。
これも反対で、源氏の旗は白、平家の旗が紅でした。

枝垂れ桃でとってもきれい。上野公園のようなたくさんの桜も見事だけど、
こんな風に一本ひっそりあるほうが、好きだな。
余計なもの(=宴会)も見なくて済むし。
この神社は以前、散々飲んだ後友人と必ずお参りして帰った懐かしい場所だ。
もちろん今は、もうしてない。

写真は月曜日の着付けの稽古の後、
先生とみんなでお昼を食べた帰りに立ち寄り撮ったもの。
せっかく着物を着たのでそこらをもっとふらふらしたかったが
なにせ草履がなくて下駄を履いてたので足が痛くなって、家に帰った。

d0038301_144613.jpg


4月末でこのブログも一年経つのでスキンを変更してみた。
自分で編集することができないので微妙に字がずれたりしていても
直せないのがもどかしい。誰か教えて。

追記・・・後日、この神社の前を通ったら花が満開でした。
おっ!と思い立ち寄り、種名板を見ると・・・。
ああ、アクセスランキング上位に乗るような人気ブログでなくて良かった~
[PR]
by hitomiffy1531 | 2006-04-08 14:46 | できごと | Comments(3)

洗ってみました♪

ここひと月くらいで、みゅうの体にフケが目立ってきた。
ニオイも無いので拭くのもブラシもごくたまにだけ。
今は乾燥している時期だからと知り合いに言われたけれど、なんだか気になる。
で、今朝。夫と二人でいきなり、洗ってみようか?という事になり実行した。
洗うのは初めてだったので暴れるかと思いきや、
大きな声で鳴きはするものの意外とおとなしい。
猫用のシャンプーなどは無いので普通の固形の石けんをぬるま湯に泡立てて
少しずつ洗っていった。石けんを洗い流して拭こうとしたら
すごい力でしがみつかれて首と背中と腕に穴があいて血が出た。
ものすごく、痛かった・・・!

□ちょっとスリムで凛々しい
d0038301_2325196.jpg

□濡れて細くなった姿。子猫に戻ったよう。
d0038301_23253924.jpg

□よく拭いた後、ドライヤーの風をあてて乾かす
d0038301_2326129.jpg

□ふぅ〜ようやく終わりだよ
d0038301_23262545.jpg


洗い終わったみゅうはふかふかで気持ちいい〜♪
でも石けんの匂いが気になるのかな、乾いた後、自分で熱心に毛繕いをしている。
暖かい日を選んで、一年にいっぺんくらいは洗うのもいいかな。
[PR]
by hitomiffy1531 | 2006-04-02 23:58 | にゃんこ | Comments(4)

ねこたちとの日々のできごと、おいしい楽しいことなど


by hitomiffy
プロフィールを見る