ねこたちとの暮らしと美味しいものなど、日々のできごとを綴ります。


by hitomiffy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

寒いから・・・


d0038301_751445.jpg眠い・・・


d0038301_7514291.jpg1人たたずむオバサン  (オス)


d0038301_7515385.jpg白茶、権、黒

黒の向こうに権がいる。
そしてその草むらの向こうにオバサン。


ここのところぐんと冷え込んで冬って感じになってきた。
気持ちのいい秋晴れの日があまりなかったのは残念だけど
寒くなると空も澄んできて、清々しい。

寒いからみゅうも丸くなり、夜はベッドにあがってくる。
まだふとんの中には落ち着かないけど、私の枕の上でいっしょに眠る。
私が首をよく寝違えることもあって我が家の枕は
通販生活で購入した大型のものなのだ。
枕に上がってくるとまず私の頭の匂いを、髪を掻き分けるようにして嗅ぎ、
それからおもむろに丸くなる。
で、「ハイおやすみ」って感じで素早く丸まり、顔を尻尾の中に隠して寝てしまう。
仕方がないから私は手を頭上に伸ばしてみゅうを撫でつつ眠るのだけど、
なんとなく何度となく夜中にうっすら目が覚める。
仰向けにくつろいだみゅうの尻と脚に押されるので、私は少しずつ
自分の頭を枕の端にずらして(譲って)なんとか寝ているのだ。
でもね、いくら尻で邪魔な頭扱いされていても、あのふわふわ感がたまらないなぁ。


そして昨日の上野公園。
オバサンはというと、今日も1人草むらの中。
でも前日と違って、声を掛けるとちらっとこっちを見たものの、鳴かない。
ちょっと離れた草むらに白茶と権さんと、黒くて大きなのが身を寄せ合って
日向ぼっこしていたのだ。あぁヨカッタ。オバサン(オスだけど)良かったね!
でかいお三方は、全員こちらにおしりを向けてまったりしていた。

公園の入口では植え込みの縁石に作業服のおじさんが胡座をかいて座っていて
その股の中にこれまた別の黒猫が収まっていた。
おじさんと目が合うと「俺が座ってたら勝手に入ってきた」と笑っていた。
おじさんはきっと、しばらくは黒猫に付き合って日向ぼっこをしたんだろうな。

そういえば何年も前、福島県いわきの某水族館の現場に行ったときのこと。
2階建ての大きなプレハブが現場の詰め所になっていて、長テーブルが
いくつも並べてあり職人さん達が着替えたりお昼を食べたり休憩したりする。
詰め所の中は雑然としており、埃っぽくてたばこ臭い。
で、その中に野良猫が何匹かいて、うろうろしたりご飯を食べたりしていた。
私は、会社で使っていたスペースの、雑然としたテーブルの上に
置いてあるノート型パソコンで文書を作成したりしていた。すると
野良猫がどんどん私の廻りに集まってきた。膝の上に一匹が丸くなり、
キーボードをたたいている両手の間に、一緒に画面を見る形で入ってくる子もいて
私はちっとも画面が見れない。どかしてもどかしても入ってくるので
もうそのまま仕事を続けた。埃っぽくて毛はバサバサだったけど
みんなとっても性格がよさそうで、可愛かった。
現場が終わるころには猫たちはみんな誰かにもらわれていったようで、
それもよかった。
上野公園でおじさんと黒を見たら、そんなことを思い出してしまった。
[PR]
by hitomiffy1531 | 2006-11-25 08:47 | にゃんこ | Comments(2)

のら

今朝の上野公園。
草むらの奥の方にオスだけどオバサンと呼んでいる小さくて頭がかしげていて
年を取ったにゃんこが、座ってこっちを見ていた。
歩道の方からおはよーと声をかけると、大きな声で鳴き出した。
あんなに小さな体であんな大きな声が出るとは。
ちょっとねこの声とは思えない。
盛りがついたときのあの赤ん坊のような声とは全く違って、
子供がギャーと泣くような、大きくて悲しげで不安げな声。
私達が声をかけたのが怖かったのかもわからないけど
怯えて威嚇していたのかな。もちろん近づきはしなかったけど。
最近権さんも白茶もいなくてさびしくて不安なのかな~
この二匹は大きいので、一緒にいるだけで安心だったんだろうなと思う。

早く帰ってきてあげて欲しい。オバサンのためにも。
[PR]
by hitomiffy1531 | 2006-11-22 23:13 | できごと | Comments(2)

酉の市


d0038301_2337753.jpg雷門

d0038301_23372940.jpg熊手


先週の木曜日、義母と伯母と私の三人で浅草の酉の市へ行ってきた。
結婚してから毎年の恒例行事で、いつも義母が熊手を買ってくれる。
平日だけどそれなりの人手。でもにぎやかでたくさんの出店があって
とても楽しい♪出店の種類もたくさんあって、たこ焼きやら焼きそばではなくて
居酒屋風なのだ♪煮込みや焼き鳥、焼酎の暖簾が悩ましい・・・。

お酉様でお参りしてから昨年買った店を探したけどすっかり忘れていて思い出せない。
うろうろしてたらお兄さんに声をかけられて、結局そこで買うことにした。
包んでもらっている間に店の人の半纏をふと見たら、今私が住んでいる町から
来ている人たちだった。
これも何かの縁だなと気持ちよく買い物を済ませてから
ご飯を食べて、仲見世通りをぶらぶらして帰ってきた。
浅草はどこを歩いてもなんだか懐かしい感じがしてホッとする。
子供の頃からよくよく来ていた町だからかなぁ。
次回は是非着物を着て、行きたいなぁ。
[PR]
by hitomiffy1531 | 2006-11-21 23:52 | できごと | Comments(2)

たぬき寝入り


d0038301_13161086.jpg目が開きすぎ~



ここのところ毎日外出しているのでみゅうにはちょっと寂しい日々らしい。
ピングー人形の首をもいで中の綿をむき出しにしたり
寝室の絨毯をめくって中に敷いてあるフェルトを掻き出したり
和室にどうしても入りたかったのか、とうとう襖をガリガリやってしまったりして
寂しさを紛らわせているのかも。
ああ家がどんどんズタズタになっていく・・・でも、ま、いっか。なのだ。
[PR]
by hitomiffy1531 | 2006-11-17 13:17 | にゃんこ | Comments(4)

ストレス


d0038301_21202339.jpgごきげんでも、この顔。

のら 上野公園在住。


毎朝楽しみにしている上野公園のノラとのひと時。
通勤時は毎朝声をかけて通っていたおかげか
最近ではなでさせてくれるようになってきたので、可愛さ倍増。
ところが先週は二度もそれを邪魔された。
当然自分の飼い猫ではないので、甚だ勝手な言い草なのだけど。

一日目は、若い女性がなでていたので、私はがっくりして素通り。
携帯カメラまでセットして握り締めていたのに・・・。
二日目は、通勤がいつもより少々遅い時間だったので、これはゆっくり
なでなでできるかも♪と、前日の鬱憤をはらすつもりで足早ににゃんこの元へ。
そうしたら、若そうな男の子がご大層なカメラを構えて
権さんと白茶(まだ名前なし)の前に寝そべっていた。
二匹ともきちんとお座りしてレンズの方を向いたりしている。←余計、きぃーっ!
今日こそは!と思って楽しみにしていたのに。
家に帰ればみゅうが居て、散々撫で回すことができるけど
外で健気にも逞しく生きているにゃんこ達もやはりかわいい。
はっきり言って、それが楽しみで仕事に行っていると言っても過言ではないのだ。
だからもう、なんかちょっとイライラして、チッとか心の中で舌打ちしたりして。
こんなにストレスになるとはなぁ

ああ、どうか明日は誰もいませんように・・・
[PR]
by hitomiffy1531 | 2006-11-12 21:45 | にゃんこ | Comments(2)

ワクチン接種


病院も3回目。わりと落ち着いている。
d0038301_23173391.jpg



お注射!
d0038301_2318567.jpg



本日は、みんちゃん3種混合ワクチンの接種で動物病院へ。
・猫ウイルス性鼻気管炎
・猫汎白血球減少性
・猫カリシウイルス感染症  以上の3つ。

本当は10月に行かなければならなかったのだけど、なにやらいろいろ忙しくて
延び延びになっていたワクチン。電話したら今日来てもいいよと言われたので
素早く準備して午前中に車で連れて行った。
いつもの通り洗濯ネットに入れてからキャリーへ(気持ち押し込み気味に)入れた。
久し振りの外出でちょっと吃驚したのか、最初わーおわーおと鳴いていたけど
すぐに観念したみたい。
病院に着いて(気持ち引っ張り出し気味に)キャリーから出し診察台へ。
体重前回と変わらず4.5キロ。病院にも慣れたのか腰砕けにもならずに
じっとおとなしくしていた。注射もあっという間に終了。
ブログに載せるからと断ってから写真を撮ったら
先生もブログを見てみると言ってくれた。
注射が終わると素直にキャリーに入っていくのが、可笑しい。
手の掛からないとってもいい子なんだよ。

お会計の時に、受付をしている先生の奥さんに
「みゅうちゃんに弟はいかが?」と言われた。病院の掲示板には
里親募集の貼り紙がたくさんあって、それを私が見ていたからかも。
正直、もうひとりいてもいいかなとも思う。思うのだけど、
みゅうが結構私にピッタリなので(ベッタリほどではない)、
新しい子に焼きもちを焼いたり、ストレスになったりするんじゃないかと
心配なのだ。もちろん新しい子にもストレスが掛かるだろうし・・・。
夫も賛成はしてくれているけど、なかなか踏ん切りがつかないのだ。
[PR]
by hitomiffy1531 | 2006-11-06 23:48 | にゃんこ | Comments(4)

戒め


d0038301_21171120.jpg今日も飲んだ?



2週間ほど前に友人と二人で山梨の勝沼に行ったときのこと。
ぶらぶらとワインセラーを探して歩いていたら
こぢんまりした、でもちょっと洒落た感じのセラーを見つけたので
入ってみることにした。もちろん楽しい楽しい試飲目的で♪
建物の間を抜けて奥へ入っていくと扉があり中に入ると小さな部屋になっていて
手前に試飲コーナーがあり、その脇の部屋にはワインにまつわる様々な器具や、
手作業でブドウを搾ったりしていた木製の道具などが展示されていた。

私と友人が入ったときには先客がおりかなり賑やかだった。
試飲コーナーのテーブルは馬蹄型で20〜30本の様々なワインが並べてあり
自由に試飲できるようになっている。
係りの人に声をかけると小さめのワイングラスを貸してくれた。
馬蹄型の丸の部分に、その先客の大人4人連れ(男性1、女性3)が陣取っていた。
あくまでも試飲なのだから、グラスに少しだけ注いで香りと味を楽しむ・・・
というものだと思うけど、彼らはかなり飲んで酔っているらしい。
それなりに知識もあるのか聞いたこともないようなワインの名前を挙げて
なにやら我知り顔で声高に感想を述べ合っている。
10人も入ればいっぱいになってしまう狭い部屋の中でとにかくうるさいし
でんと構えてどかないもんだから彼らの前のワインは試飲できない。
もうそこは小洒落たワインセラーではなく、ガード下の立ち飲み酒場と化していた。

ワインセラーの人もあきれているのか特に注意するでもなく、でも恐い顔で
睨んでいたけれど、彼らが気づくはずもない。
「こんなに飲んでるんだから4〜5本は買わなきゃ帰れないな〜」などと
男が言い、女もギャハハと笑っていたけれど、本当に買ったかどうか。
そんな人たちとたまたま居合わせて苛々していたせいか、
試飲とは言えない量のワインをグラスに注いでぐいぐい試飲している友人を見て、
可笑しかった。
私たちは静かに試飲を終え、美味しかった1本を購入して早々にそこを後にした。
そして次のワインセラーに向かう道で、先ほどの4人連れの悪口を散々言いながら
楽しく歩いた。
友人は「あの女たちは絶対彼氏もいないしこの先もできない」と断言していた。

酒は飲んでも飲まれるな。←古?
ワタクシ、飲んで騒いだりはしないけれど、飲んだ上での失敗は
これまでたくさんあるので
気をつけなくてはいけないなーと身の引き締まる思いがしたのでした。
[PR]
by hitomiffy1531 | 2006-11-05 21:07 | できごと | Comments(2)

(≧∇≦)ノ彡☆


d0038301_22291675.jpg


どういう経緯だったかすっかり忘れてしまったけれど、
みゅうのフードを購入したときだろう、飼い猫の写真と名前入りのフードボウルが
当たるという懸賞に応募していたらしい。
先日その当選通知が届き、写真データを送らなきゃと思いつつほったらかしておいたら
丁寧に先方が連絡をくれた。通知が届いてから一週間以内との表記があったらしいが
これも見落としていたのだ。
で、早速写真データを引っ掻き回してほんのちょっと手を加えて、無事送信完了。
来年早々にオリジナルフードボウルが届くらしい。

普段寝ている写真が圧倒的に多い中での貴重なカメラ目線のショット。
以前にも載せたことがある写真だけど、これをフードボウルに採用。
ちょっぴり夢見るにゃんこ風で、実際とは違うけど。
[PR]
by hitomiffy1531 | 2006-11-03 22:46 | にゃんこ | Comments(6)

密かな愉しみ


d0038301_20394020.jpg気持ちいい~


毎朝、上野公園でにゃんこ達に声をかけるのが愉しみ。
みんな少しは覚えてくれたのか、時には4~5匹集まってくることもある。
いるのはなぜかオスばかり。その中に小さくてどうも目が見えないらしい子がいる。
歩き回るのに不自由はないようで、柵の中のちょっと手は届かない距離の
草の上で、朝日を浴びてまどろんでいるのだ。
ちょっと見たところ怖い顔をしてるいる。神経質そうな子だな・・・と思っていたけど
何日か前と、そして今日も、その子が寄ってきてくれた。
足元に来てすりすりするのだ。
だいぶ歳をとっているのか痩せてて頭が傾げている。

毎日朝早く、どこかのおばさんがご飯をあげているらしい。
だからみんな丸々してて毛並みも艶々。とってもきれいなのだ。
それは、以前は誰かに飼われていて捨てられたのであろう証拠でもあるけれど。
でも公園の猫達は、少なくとも今はとっても穏やかでのんびり過ごしているように
見える。

写真は、みゅうを大型にしたような顔の大きいオスにゃんこ。
自分の家の前で日向ぼっこ中。
実際はもうちょっと凄みのある顔だけど、
こうしてみるとなかなかの写真写りじゃん♪
[PR]
by hitomiffy1531 | 2006-11-01 21:11 | にゃんこ | Comments(4)

最新のコメント

◎tokidokitas..
by hitomiffy1531 at 19:42
とってもあたたかい絵です..
by tokidokitasu at 23:58
◎tokidokitas..
by hitomiffy1531 at 23:00
ガスコンロ、きれいに使っ..
by tokidokitasu at 20:37
◎tokidokitas..
by hitomiffy1531 at 18:32

最新の記事

展覧会
at 2017-10-15 14:56
ガスコンロ
at 2017-10-07 12:07
今日の収穫。
at 2017-09-24 13:49
ようやく土用干し
at 2017-09-03 08:54
雨、雨、雨、、、そして帰省
at 2017-08-15 16:17

フォロー中のブログ

チワワ...
Hey!! My bud...
ギャラリー猫の憂鬱
森の暮らし  たいまぐら便り
独りdance
くりりん Happy&思...
..., and trips
ツジメシ。プロダクトデザ...
イギリス 西ウェールズの...
ひとりぼっちランチ
チェンマイUpdate
ときどき☆タス
ちゃたろうと気まま日記
気ままな撮影散歩

リンク

カテゴリ

全体
にゃんこ
できごと
自家製
料理

เมืองไทย
ドライブ
美術
お菓子
お稽古
花と緑
自作
スキンケア
きもの

未分類

タグ

検索