ねこたちとの暮らしと美味しいものなど、日々のできごとを綴ります。


by hitomiffy

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:エピソード ( 4 ) タグの人気記事

どこから見ても…


ゆったりと寛ぐふたり
d0038301_22382410.jpg


殺気!
d0038301_22414672.jpg


ちょっかい出されて軽い猫パンチの応酬
d0038301_22384431.jpg


・・・・・
d0038301_2238566.jpg


お、太陽出てきた
d0038301_2239433.jpg



先日、コンタクトレンズが無くなったので買いに行った。
受付で、診察券が見当たらなかったので保険証のみ提出。
受付の女性は保険証を見て、ん?という顔をしたあと
「hitomiffyさん…ですね」と名前を確認してきた。
なぜならば私は被扶養者なので、名前は表でなく裏に書いてあるからだ。
そうですと答えてソファに掛けた。

その日は結構混んでいて、しばらく待った後
「○○○男さーん」の呼び声。それは私の夫の名前じゃないか。
受付嬢の伝達が悪くて勘違いしているのか、保険証の表だけ見てるからか…。
女なのに明らかに男名前で呼ばれたもんだから、他のお客さんたちの手前
なんとなく気まずい思いで立って検査室へ。

椅子に座ると、小柄でかわいらしい白衣の検査員の女性が
今回のレンズはどうしますか?と聞いて来た。
今回は違うメーカーの物を試してみたかったのでその旨を伝える。
ところが私は乱視用の1dayタイプを使い続けているのに
白衣はなぜか近視用を進めるのだ。いつものレンズはこちらですねーとか言って。
ちっとも会話が噛み合ないじゃないか。
どうもおかしいと思ってピン!と来た。
そう、「それは私の夫のカルテです」

すると白衣は、あら?そうですか、すみませんと行って、足早に受付へ。
今度こそ私hitomiffyのカルテを持って来てくれて、正しいレンズを買う事ができた。
よかったよかった。
私は診察券を忘れ、受付嬢は夫のカルテを出し、白衣はそれに気づかぬまま…
ってところか。次回は診察券必須だな。

それにしても白衣は、最初私の事をどう思っていたのかしらん。
「女にしか見えないけど、男…」とか。
でも顔色も変えないでにこやかに接してくれたのは偉かったな。


写真はBettyさんちのデニ朗くん(茶トラ)とぶぶちゃん。
寛いでいたぶぶちゃんがいきなりクッションに腹這いになり
デニ君にちょっかいを出し始めたので、笑った。人間みたい!
[PR]
by hitomiffy1531 | 2008-09-20 01:10 | できごと | Comments(6)

慣れるまで

我が家に来て、2日目くらいにケージから出てきたみゅう。
まだ不安で身を隠したかったらしく、
正面に布がかかっている棚の一番下が空いているのを見つけて
いつもそこにいるようになった。
慣れるまでは好きなようなさせようと思い、しばらく様子を見ていたが
一向にそこから出て来る気配がないので
布を少し上げて、猫が見えるようにしてしまった。
それでも最初のうちは、棚のその場所に丸くなっていたけど
やはり人に見られると落ち着かないのか、テレビの横のカーテンの裏に
引っ越しをした。

我が家に来て4日目くらいのみゅう。
猫が見えるよう布を上げても、しばらくはここから出なかった。
d0038301_9501187.jpg

d0038301_15182720.jpg



1週間経ち、ようやくソファでくつろいでくれるようなった!
1日中一緒にいる私のことは、どうやら受け入れてくれたみたい。
しかし夫が帰宅すると、カーテンの後ろに隠れる。
出張が多く、ほとんど家にいなかった時期なので仕方ないのだが
なんとも気の毒。

撫でるとゴロゴロ。でも触れるのは私だけ♪
d0038301_15251727.jpg

安心して眠るみゅう。まだ赤ちゃんの顔をしてる。かわいい♪
d0038301_15252687.jpg


よくふみふみする猫の話を聞くけど、みゅうのふみふみを見たことがない。
やらない子もいるのかな?
一度見てみたいなぁ。
[PR]
by hitomiffy1531 | 2005-05-25 16:22 | にゃんこ | Comments(5)

出会い(2)

保護主さん二人に大事に連れられて、我が家にやってきたみゅう。

キャリーバッグの中から組み立てたケージに移されたみゅうは
大変緊張していて終始耳を倒したまま。
疑り深そうな目で人の方を凝視している。

保護主さんがケージに手を入れてなでると
しばらくしてゴロゴロ言い出したのだけど
私、ネコのゴロゴロは聞いたことがなかったのでびっくり!
ゴロゴロというよりはきりきりみたいな、
なんかねじを巻くような音なんだ?(笑)
それにのどが鳴るというよりは、お腹が鳴っているような・・・?

ネコへの接し方などのレクチャーを受け
1時間ほどで保護主さん達は帰っていった。
まだ名前も決めていなかったので
ニャンコ〜などと呼びながらちょっとケージに顔を近づけたら
フーシャッと言いながら前足を強く踏み込んで威嚇された。
もう怖いなんてもんじゃなかった(涙)。
犬のウゥ〜は慣れてるけど、なにせネコに関しては
これまでろくに撫でたこともなかったから。

夫はその時出張中でいなかったが
ネコの様子を気にしてメールが届いた。

翌日の夜、私が外出して帰宅すると
先に出張先から戻った夫は
1人でニャンコに会ったようで、やはり
こわいよ〜と言っていた(笑)。

この小さなネコは、いきなり知らないところに来て
不安で一杯なんだけど、でも一生懸命
耐えているのだな〜と思いました。

しかしこんなんで本当に私たちを受け入れてくれる日が来るのかな?
私も不安・・・・・・・

最初の日のにゃんこ。心臓ドキドキ053.gif
d0038301_7493553.jpg

[PR]
by hitomiffy1531 | 2005-05-06 07:52 | にゃんこ | Comments(0)

出会い(1)

昨年の5月に退職し、しばらく休養したくて家にいることにしたので
かねてより念願だった猫を飼うため
里親募集のHPを毎日つぶさに見始めた。
三毛猫が飼ってみたくて1度問い合わせをした子がいたけれど
他の方に決まってしまい最初のトライは落選。

その後、みゅうの保護主さんの募集で目がまんまるの三毛猫を見つけた。
ひと目見てかわいい!この子しかいない!と思い、早速問い合わせをし
まずは会ってということで東京都田無の動物病院へ向かった。

病院のトリミング室にはそれぞれケージに入った6〜7匹の猫がおり
私の目当ての三毛ちゃんもその中にいた。
ところが非常に臆病で用心深い性格のためか
まったく私を受け入れてくれなかった。
動物にここまで拒絶されたことが無かったので
ちょっと傷ついた(笑)。

別のケージには少し人慣れしている子が2匹いて
この子は大丈夫ですとキジ柄のみゅうを抱っこさせてもらった。
少し緊張しつつもおとなしくしてくれていたので
猫初心者の私には、こんな子のほうがいいかも?と思った。
見た目(柄)じゃないぞ、性格が大事だと心にいい聞かせつつ
ひとまず試育させてもらおうと決心し、後日、届けていただく約束をした。

一週間後、保護主さん二人に連れられてそのねこが我が家へやって来た。

里親募集のHPに掲載されたみゅう(撮影は保護主さん)
d0038301_13184100.jpg

[PR]
by hitomiffy1531 | 2005-05-01 10:10 | にゃんこ | Comments(1)

最新のコメント

◎tokidokitas..
by hitomiffy1531 at 19:42
とってもあたたかい絵です..
by tokidokitasu at 23:58
◎tokidokitas..
by hitomiffy1531 at 23:00
ガスコンロ、きれいに使っ..
by tokidokitasu at 20:37
◎tokidokitas..
by hitomiffy1531 at 18:32

最新の記事

大根のスープ
at 2017-11-24 18:02
スヤスヤ
at 2017-11-12 19:19
ぬくぬく
at 2017-11-11 23:12
at 2017-11-05 21:52
芋焼酎 力三
at 2017-10-27 12:38

フォロー中のブログ

チワワ...
Hey!! My bud...
ギャラリー猫の憂鬱
森の暮らし  たいまぐら便り
独りdance
くりりん Happy&思...
..., and trips
ツジメシ。プロダクトデザ...
イギリス 西ウェールズの...
ひとりぼっちランチ
チェンマイUpdate
ときどき☆タス
ちゃたろうと気まま日記
気ままな撮影散歩

リンク

カテゴリ

全体
にゃんこ
できごと
自家製
料理

เมืองไทย
ドライブ
美術
お菓子
お稽古
花と緑
自作
スキンケア
きもの

未分類

タグ

検索